結婚式を神社で挙げる

神前式

どんな特徴があるのか

日本の神々の前で結婚の誓いをたてる結婚式を神前結婚式(神前式)と言いますが、その中でも神社で行われる神前式を神社挙式といいます。古い挙式スタイルという印象がありますが、日本古来の結婚式ではなく明治時代に誕生した比較的新しい挙式スタイルです。式の流れそのものは式場などで行われる神前式と共通していますが、神社という立地条件からくる相違があります。神社挙式の特徴は、何といっても実際の宗教施設である神社の社殿で行われる結婚式であるという事です。そこには一般の参拝客も当然居合わせます。そしてこれは一番の醍醐味となるのですが、社殿までの道中を行列を組んで歩く花嫁行列というものがあります。これは式場で行われる神前式ではまず味わえません。ただ歩くだけでなく、神職さんを始め楽人や巫女さんに率いられながら、一般参拝客の前を社殿まで粛々と参進します。居合わせた人達から祝福されることも珍しくなく、アットホームな空気の中で式を挙げることが出来ます。今日の日本では、花嫁がウエディングドレスを着用してチャペルで結婚の誓いをたてる、いわゆるキリスト教式が定番となっています。そうした中で神前式は現在、少数派ですが神社挙式に限定すればさらに少数派と言えます。ただ神社挙式が敬遠されているのかというとそうではなく、むしろ関心は年々高まっている傾向にあります。しかし式場で神前式を挙行するよりもハードルが高そう、などといった懸念もあって二の足を踏んでいる人も多いと言えます。確かに神社挙式の場合結婚式場と違って、披露宴会場を別に手配する必要があるなど、準備に手間がかかる部分があります。しかし、こうした準備は代わりに手配してくれるエージェント会社があるので、手間を省くことが出来ます。また式場の用意がある神社であれば、神社の中ですべて完結するのでさらに楽です。方法を選べば、神社挙式のハードルは決して高くありません。